• 家にたまりがちなダンボール箱の処理

    引っ越しや通販で使用するダンボール箱の処理はどうしていますか?地域によっては、リサイクル資源回収日の間隔が長く、ダンボール箱が大きな場所を取り室内が狭くなってしまう方もいらっしゃると思います。引っ越しの場合、見積もりの時に業者さんによっては持ち帰ってくださるところがあるので、引き取ってもらえるかを確認しておくと、大量のダンボール箱を資源ゴミ置き場に持っていく必要がなくなります。通販のダンボール箱は、ひどい汚れがあれば資源ゴミに出しますが、可愛いデザインやロゴが付いていたりきれいなものは、何かに役立つはずと取っている方も多いのではないでしょうか。

    ダンボール箱の最新情報ならこちらを参考にしてください。

    ダンボール箱の特徴は加工がしやすく、布やマスキングテープやリメイクシートを貼るだけでかわいい小物に変身させられることです。


    2枚の厚紙で間にヒラヒラの紙を挟んだ構造をしており、ヒラヒラの紙の部分は通気性が良く保湿性も吸収性もあります。
    逆に言いますと、湿気を吸い虫やカビの繁殖につながってしまいます。
    そこで置き場所に注意です。
    押し入れなどの奥は空気の流れが少なく湿気が溜まりやすいのでおすすめできませんが、除湿剤を入れると大丈夫です。
    除湿剤を入れる手間が面倒くさい方は、積み重ねはできませんが上部を切りコの字型の仕切りとして使用するか、適度な隙間をもうけて置く・中に物を詰め込みすぎないように半分くらいで納め上段に置けば大丈夫です。



    おすすめのリメイクはゴミ箱です。

    縦長や横長の形のものがあれば、縦にして上部を開き、洗濯機の隙間や洗面所の高さに合わせ切り込みを入れ、上部の口の部分は切り取らず中に織り込みます。

    もともと捨てるものですから汚れたら捨てられますし、柔らかいので周りに傷がつきにくく重宝します。